fc2ブログ

Entries

EAGLE Ver7.2以降 CAMファイル

 回路図を書いたり、回路図からプリント基板を作成するのに、EAGLE CADを愛用している。

 最近までVer6.4.0を利用していたのだが、ユーザー登録の関係で、Ver7.5.0に切り替えた。

 ここで、問題発生。基板図を作成してDRUファイルによる、デザインルールチェックは良いのだが、CAMファイルによるガーバーデータの出力の際の、ドリル位置のデータ(XXXX.TXT)の生成がうまくいかない。

 Elecrowや、Seeedstudioで公開しているCAMファイルを使用してもうまくいかないのだ。

 そこで、同じSeeedstudioでも、Switch-Science経由で発注できるページの技術情報を参照したところ、EAGLE7.2以降のCAMファイルが用意されている。

 早速、ダウンロードして試したところ、問題なく、データ出力完了。無事、プリント基板の発注を行うことができた。

 「古いVerでもうまく動いている場合、無理やりVerUPしなくとも良い」というよくある事例を体験した次第である。

 ちなみに、Seeedstudio用のCAMファイルだが、問題なく、Elecrowに発注できる。




switch-science-cam.png
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://webnucky.blog.fc2.com/tb.php/90-a5e5b6b2

トラックバック

コメント

[C28]

私も、発注時に悩みました。
ドリル用デバイスを【EXCELLON】から【EXCELLON_24】に設定を変更しないと、
だめでしたね。
http://atmel.client.jp/elecrow3.html
  • 2016-05-08 10:58
  • あやのすけ
  • URL
  • 編集

[C29] 謎が解けました

コメントありがとうございます。

リンク先のページ拝見しました。

やっと意味がわかりました。

どうもありがとうございます。
  • 2016-05-09 21:46
  • nucky
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する