fc2ブログ

Entries

信号機デコーダ 基礎実験

 今日は今後、構想している信号機デコーダの基礎実験をしました。
 5限示の信号機を作る場合はLEDが5個なのでプラスかマイナス側共通線と各々のLEDで合計6本の電線が必要です。
 今回4本の線で点灯出来るように工夫をしています。
 実物同様YY、YGを直列にして点灯させますが、電圧が5Vのままなので、人によっては、ちょっと輝度が下がるのが気になるかもしれないです。
 もう一つ気になるのはG球の色合いです。
 LED信号機のG球は青緑色なので、一般的な青色LEDでは青過ぎ、緑色LEDでは緑過ぎに感じます。
 そこでLED信号機の仕様を調べて、同じ波長503nm前後の青緑LEDを購入したところ、市中の交通信号機や鉄道信号機の青と同じ色合いでいい感じです。(写真にすると判別出来ないです)
 ただ順方向降下電圧が大きいので前述のYGの直列点灯するとY球が暗くなってしまいました。
現実的な色をとるか、配線しやすさをとるか難しいです。 
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://webnucky.blog.fc2.com/tb.php/68-231347d6

トラックバック

コメント

[C8] pwm

PWMによるダイナミックスイッチングはどうでしょうか。
タイマーの本数にもよりますが、LEDの輝度をデューティで調整できます。
LED数が多いので、トランジスタで分割か、多チャンネルドライバが良いんじゃないでしょうか。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-09678/

[C9] 互換性

PWMでの輝度調整が出来たらLED毎のバラツキを調整出来て便利ですね。

5現示を4本の電線にという点にこだわっているのは配線を少なくという点と、TOMIXの信号機を流用出来るよう互換性という点です。

その辺りを割り切れば設計の自由度があがりますね。
  • 2016-01-31 21:16
  • ぬっきぃ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する