fc2ブログ

Entries

鉄道模型用「踏切制御メインユニット」回路と基板を設計しました

 鉄道模型の踏切を作るために「ALOS(警報音・警報灯)ユニット」を以前製作しましたが、在線検知をして踏切を制御するための「踏切制御メインユニット」の回路設計と基板設計をしました。

2021-10-03 (4)

『在線検知方法』は以下を想定しています。

  • TOMIX TCSセンサーレール 又は TCSワンタッチ装着センサー
 DCCのみならず、アナログ制御でも使用できるように考えてみました。
 TCSセンサは方向検知ができるようにフォトカプラが2個内蔵していますが、DCCでも使用できるように方向検知を含めた制御はマイコンで処理します。

  • s88N Indicator 外部出力
     s88に流れている在線情報をs88N Indicatorで抜き出し、本基板に接続することで、制御することを想定しています。

 肝心の『踏切制御機能」ですが、ソフトを作っていないので、変更になるかもしれませんが、現時点では以下の機能を想定して基板を作りました。

  • 単線/複線対応 1枚の基板でDIPSWの切替で対応します。
  • 下り/上り出力 列車進行方向表示灯(矢印)等に対応します。
  • 手動鳴動モード(試験や調整用) DIPSWにより手動で制御できます。
  • 倍速モード設定 京成タイプを再現するためのモード切替。DIPSWで設定します。
  • 既開発の「ALOSユニット」と基板を積み重ねて使用します。(Arduinoのように)
     また、サーボモータを制御する「遮断機制御ユニット」の開発を計画中です。
  • 複々線または、単線X2については、本基板を2枚同時に使用し、積み重ねることで対応可能な回路構成としました。

 上記コンセプトともとに、基板設計も行いました。

2021-10-03.png

 Elecrowに発注してみましたが、中国は今、連休なのですね。どうせ時間がかかるならということで、いつものOCSではなく、少し時間がかかるものの激安のsagawaにしてみました。OCSの半額程度で10ドルしないです。
 着荷まで少し時間がかかると思われますが気長に待ちたいと思います。着荷したら部品を搭載して、制御ソフトを作ってみようと思います。

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://webnucky.blog.fc2.com/tb.php/309-6aa29ed7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する