fc2ブログ

Entries

Automatic Reverse Contoroller 基板 再設計しました

 開発進めている、Automatic Reverse Contoroller ですが、GWを利用してDCC電子工作連合のみなさんの環境で様々な評価をしていただきました。

 その結果を踏まえて、基板を再設計してみました。

 オモテ側です。突入電流を抑えるための抵抗や、ショート検知電流を切り替えられるように追加の抵抗やジャンパピンを設けました。
 集合式レイアウトの薄いベースに内蔵させる際に高さがネックとなる電解コンデンサを寝かして取り付けられるように切り込みを入れたのも特徴です。
 タクトスイッチの穴間隔正、一部のシルクも部品の付け間違いを防ぐために修正しました。
2020-05-04.png

 ウラ側です。基板を製造依頼しているElecrowは最低6milで製造できますが、線幅は最低16mil、間隔は20milに設定して信頼度を上げています。Elecrowが配布しているEAGLEのデザインルールファイルをそのまま適用すると最低の6mliでベタアースをとってしまうので、修正してからベタアースを描画してガーバーを出力するのがポイントです。
2020-05-04 (1)


回路図です。突入電流対策の抵抗や、ショート検知電流を1.5A/3Aに切替られるように抵抗とジャンパピンを設けています。PICの未使用ピンを拡張するためのヘッダピンは廃止しました。
2020-05-04 (2)



スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://webnucky.blog.fc2.com/tb.php/265-eaf1543e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する