fc2ブログ

Entries

ポイント用デコーダ ソフト更新 (WDT監視機能追加)

 ワンコイン用デコーダをポイント用として使用する際に、どのようなCV値とするかを検証する前に、ソフトの機能を更新しました。


 抵抗値の低いポイントマシンにより、電源電圧が低下した際に、マイコンが正常にプログラムを実行できなくなり、出力ON状態で暴走してもウォッチドックタイマー(WDT)機能で、マイコンをリセットする機能を追加しました。


 サンプルプログラム

  HEXデータ(書き込み用) http://web.nucky.jp/dcc/decoder4/1822Point-0.93beta.hex

  アセンブラソース http://web.nucky.jp/dcc/decoder4/1822Point-0.93beta.asm


 ウォッチドックタイマーの周期はいろいろと悩んで、動作確認をしながら決めたのですが、いまのところ、2Sおきにリセットがかかるようにしています。

 16mSではDCC信号の読み取りに支障があるのか動作せず、64mSでも不安定だったので、256mS程度を考えましたが、パケットの再送処理とのぶつかりを考慮して上記にしました。


 デコーダの動作が不安定になって出力が固定された場合に、リセットがかかるようにしましたが、過信はもちろんできないので、電流が流れすぎないようにDutyを適切に設定すること、電源を強化しておくこと、ポイントの道床に内蔵させる場合は、発熱によるポイントの損傷を防ぐために、十分に動作確認を行った後に実施するようにしてください。



スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://webnucky.blog.fc2.com/tb.php/208-548fc8ae

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する