fc2ブログ

Entries

PICKit Adapter


 PICKitでPICマイコンに書き込むときは、基板にICSP端子を設けるのが一般的ではありますが、基板に実装する前に書き込みたい場合や、部品として書込みしたうえで供給したいといった場合、治具を使って書き込むことになります。


 秋月電子でもこんなものを売っています。2000円です。高い!

 しかもPIC種類ごとの設定が面倒な感じです。

 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-05355/


 種類が「た~くさんあるPICマイコン」ですが、実は、ピン数が同じPICはピン配列が極力おなじようになっているので、法則性を解析して整理すると、以下のようなボードができます。


PICkit Adapter


 ゼロプレッシャーソケットと、8/14/20ピン用、16/18ピン用、28/40ピン用のPICKitの接続端子を設けました。


 ピン数に応じて、PICKitを差し込む位置を変えることで、これで面倒なジャンパピンの設定は不要ですし、ジャンパ設定を間違えて、PICを壊すこともなくなります。


 実は、大昔にユニバーサル基板で作ったものがあるのですが、経年とともに、老朽化を迎えているので、設計してみました。需要あれば頒布もしたいと思います。



スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://webnucky.blog.fc2.com/tb.php/197-6eb0ed81

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する