fc2ブログ

Entries

arduino で RS232C

自分への備忘録も兼ねて。。その3です。


aruduinoでRS232Cをつなぐためのシールドを自作しました。


20170905_123448066_iOS.jpg


<材料>

RS232CインターフェースIC ADM3202AN 1個

Arduino用ユニバーサル基板 ガラスコンポジット 1枚

超小型スライドスイッチ 2回路2接点 1個

DSUBコネクタDIP化キット(メス) 1個

・あとは、ピンヘッダ類各種、2SA1015 2個、3mmの赤LED 2個、1Kオーム抵抗 4個、0.1uF積層セラコン 5個、10uF電解コン 1個 等々です。


回路は、Seeedstudio製RS232シールド回路図と、ここの情報を参考にして制作しました。

スケッチ書き込み時のエラーを回避するために、書き込み時は本シールドの回路を切り離すことができるようにスイッチを設けています。


こんな感じでarduinoと合体させて、USBシリアル変換でPCとつないで、TeraTermで確認します。


20170905_123421968_iOS.jpg



<スケッチ>


void setup() {
    Serial.begin(9600);
}

uint8_t incomingByte;

void loop()
{
    if (Serial.available() > 0) {     // 受信したデータが存在する
        incomingByte = Serial.read(); // 受信データを読み込む
        Serial.write(incomingByte);   // データを出力する
    }
}


<実行結果>

arduino(キー入力のEchoが返ってきます。)


送受信のLEDランプをつけたので、目でも確認できます。




スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://webnucky.blog.fc2.com/tb.php/169-27ae4db7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する