fc2ブログ

Entries

arduino で SDカード

自分への備忘録も兼ねて。。その2です。


日曜日、秋葉原のaitendoで購入した「マイクロSDソケットモジュール [MCSD125A]」を試します。

295円也。


その前に、arduino UNO互換機である「びんぼうでいいの」も買いましたので紹介します。

このネーミング面白いのですが、どこか寂しげに聞こえるのは私だけでしょうか?(^_^;)

ピンソケットとDCジャックは別売りです。DCジャックは買い忘れたので手持ちを小加工して取り付けました。


20170903_113509319_iOS.jpg


さて、SDカードに戻ります。

micro SDカード用のモジュールである「マイクロSDソケットモジュール [MCSD125A]」です。


20170903_113430600_iOS.jpg


これは、マイクロSDソケットが実装された完成品でSPIインターフェースです。5Vと3.3Vのレベル変換にはSN74LV125Aが搭載されています。あとは3.3V電源レギュレータのAMS1117-3.3Vです。

回路図はこんな感じです。


ということで先ほどの「びんぼうでいいの」に6本の電線でつないでみます。


20170905_075549337_iOS.jpg


今はすっかり出番の少なくなった2GBのカードで実験開始しましたが、どうもうまくカード情報が読みだせない。どうやらフォーマット形式が原因だったようです。ということで、FAT32でフォーマットしなおしたところ、うまく動作しました。32GBのSDHCの読み込みもできました。


スケッチは標準の「スケッチの例」からcardinfo.inoです。


<スケッチ>


/*
  SD card test

 This example shows how use the utility libraries on which the'
 SD library is based in order to get info about your SD card.
 Very useful for testing a card when you're not sure whether its working or not.

 The circuit:
  * SD card attached to SPI bus as follows:
 ** MOSI - pin 11 on Arduino Uno/Duemilanove/Diecimila
 ** MISO - pin 12 on Arduino Uno/Duemilanove/Diecimila
 ** CLK - pin 13 on Arduino Uno/Duemilanove/Diecimila
 ** CS - depends on your SD card shield or module.
         Pin 4 used here for consistency with other Arduino examples


 created  28 Mar 2011
 by Limor Fried
 modified 9 Apr 2012
 by Tom Igoe
 */
// include the SD library:
#include <SPI.h>
#include <SD.h>

// set up variables using the SD utility library functions:
Sd2Card card;
SdVolume volume;
SdFile root;

// change this to match your SD shield or module;
// Arduino Ethernet shield: pin 4
// Adafruit SD shields and modules: pin 10
// Sparkfun SD shield: pin 8
// MKRZero SD: SDCARD_SS_PIN
const int chipSelect = 4;

void setup() {
  // Open serial communications and wait for port to open:
  Serial.begin(9600);
  while (!Serial) {
    ; // wait for serial port to connect. Needed for native USB port only
  }


  Serial.print("\nInitializing SD card...");

  // we'll use the initialization code from the utility libraries
  // since we're just testing if the card is working!
  if (!card.init(SPI_HALF_SPEED, chipSelect)) {
    Serial.println("initialization failed. Things to check:");
    Serial.println("* is a card inserted?");
    Serial.println("* is your wiring correct?");
    Serial.println("* did you change the chipSelect pin to match your shield or module?");
    return;
  } else {
    Serial.println("Wiring is correct and a card is present.");
  }

  // print the type of card
  Serial.print("\nCard type: ");
  switch (card.type()) {
    case SD_CARD_TYPE_SD1:
      Serial.println("SD1");
      break;
    case SD_CARD_TYPE_SD2:
      Serial.println("SD2");
      break;
    case SD_CARD_TYPE_SDHC:
      Serial.println("SDHC");
      break;
    default:
      Serial.println("Unknown");
  }

  // Now we will try to open the 'volume'/'partition' - it should be FAT16 or FAT32
  if (!volume.init(card)) {
    Serial.println("Could not find FAT16/FAT32 partition.\nMake sure you've formatted the card");
    return;
  }


  // print the type and size of the first FAT-type volume
  uint32_t volumesize;
  Serial.print("\nVolume type is FAT");
  Serial.println(volume.fatType(), DEC);
  Serial.println();

  volumesize = volume.blocksPerCluster();    // clusters are collections of blocks
  volumesize *= volume.clusterCount();       // we'll have a lot of clusters
  volumesize *= 512;                            // SD card blocks are always 512 bytes
  Serial.print("Volume size (bytes): ");
  Serial.println(volumesize);
  Serial.print("Volume size (Kbytes): ");
  volumesize /= 1024;
  Serial.println(volumesize);
  Serial.print("Volume size (Mbytes): ");
  volumesize /= 1024;
  Serial.println(volumesize);


  Serial.println("\nFiles found on the card (name, date and size in bytes): ");
  root.openRoot(volume);

  // list all files in the card with date and size
  root.ls(LS_R | LS_DATE | LS_SIZE);
}


void loop(void) {

}

<実行結果>

Initializing SD card...Wiring is correct and a card is present.

Card type: SD2

Volume type is FAT32

Volume size (bytes): 2036207616
Volume size (Kbytes): 1988484
Volume size (Mbytes): 1941

Files found on the card (name, date and size in bytes):
SYSTEM~1/     2017-09-03 18:17:26
  INDEXE~1      2017-09-03 18:17:26 76
ARDUINO.TXT   2000-01-01 01:00:00 9


カードの情報や容量、ファイルなどが表示されます。



もうひとつ、SeeedStudio の SDカードシールドも購入しました。

秋月で品切れでしたが、千石のほうが安かったで問題なしです。microSDアダプタ付き。


20170903_113523879_iOS.jpg  


こちらも同じスケッチで動作するのですが、純正arduinoUNO以外でうまく動かない。。。

「びんぼうでいいの」ではダメな理由を掘り下げる必要がありそうです。。。。。



スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://webnucky.blog.fc2.com/tb.php/168-b26e3cd1

トラックバック

コメント

[C88] CS

SDカードシールドのCSピンは正しくなってますか?
だいたい、デフォルトでD10をCSにしてたりするはずです。ソフト上と、CSの端子の設定が合ってないと、SPI通信がちゃんとできません。

[C89] コメントありがとうございます

CS端子の設定はあっています。。。 

というかSDシールドとスケッチはそのままにarduinoを交換すると相性がある感じです。

デジタル回路の微妙な違いなどによるアナログ的な影響かと考えています。。
  • 2017-09-05 21:50
  • nucky
  • URL
  • 編集

[C90]

ただの同期シリアル(SPI)回路なので、そんなにナーバスなアナログな要因ではないと思いますよ。ちょっと古いタイプだと、たしかSPIの配線が6ピン経由だったりそうじゃなかったりしました。

ちなみに、貧乏inoのICSP6ピンのヘッダははんだ付けしたんですか?ICSPはSPI通信路で使ってるはずですが。

[C91] 動作しました

「貧乏ino」は2つとも、ICSP端子のピンヘッダをはんだ付けしていませんで、ピンヘッダを取り付けて動作確認したところOKでした。

SPI通信はD4、D11~13で行っているので、ICSP端子は不要であると勘違いしておりました。。。
たぶんSDシールドの基板裏に半田ジャンパがあるので、これを適切に設定すれば、ICSP端子をつけなくても動作するのだと思います。
  • 2017-09-05 22:25
  • nucky
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する