FC2ブログ

Entries

モータドライバ MP6513 評価


 今日は年休消化で計画的に休みを頂いております。まとまった時間が確保できたので、ずいぶん前に、やあさんにお分けいただいていた「MPS社製 超小型モータドライバ MP6513」を、ワンコインデコーダにつないで試してみました。


 ・メーカーのページはコチラ


 このICのTSOT23-6というパッケージはとても小型で、ちいさいデコーダを作るのに好都合です。

 ただし、手ハンダは結構つらいですね。なにより老眼が始まったので、見るのがつらいです。。

20180201_104444379_iOS.jpg


 やあさんや、へのへのもへじさんが行っておられる評価を参考にして進めます。


 このICは、OnBreakみたいなので、BD6231や、そのコンパチのZXBM5210のPWM出力がそのまま使えません。ひさびさにアセンブラでワンコインデコーダのソフトを修正します。

 ホントはCV値でOnBreakモード等に切り替えられるのが良いのかもしれませんが、取り急ぎ127Stepモードのみ簡単に修正して実験進めます。

 Duty設定の値を255引いて作成し、PWM出力しない出力ピンの1,0を入れ替えます。


 今回、いろいろなモータドライバを試せるように、PICとモータドライバをブレッドボードライクに使える冶具を作ってみました。これは後々思惑があるためです。

20180201_104420596_iOS.jpg


 ZXBM5210が数分と持たなかったKATO クモハ40で試してみます。

 1時間以上運転しても壊れず走り続けています。

20180201_093526700_iOS.jpg


せっかく、OnBreak対応のソフトを仮製作したので、A4953も試してみました。

先ほどの冶具で問題なく動作しそうなので、幻のワンコインデコーダ5に書き込んでみます。

20180201_105441097_iOS.jpg


20180201_105428771_iOS.jpg


 OnBreakにしたので、走りはスムースです。この幻のワンコインデコーダ5は完成品を十数個作ってしまったので、活用方法を検討中です。なによりファンクション出力を2個持っているので機関車への搭載に有利と考えています。


 自前のオシロを会社に置きっぱなしにしてしまっているので、電気的な評価はまたの機会にしたいと思います。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://webnucky.blog.fc2.com/tb.php/179-087c478e

トラックバック

コメント

[C94]

無事に動いてよかったです。サイズは確かにおっしゃる通りで、ユーザーは限られてしまうかもしれません。
ただ、この小ささは小型化が見込めるので難しいですね。

[C96]

機関車や両運転台車両をよく製作するので、モーター+ライト制御ができるワンコインデコーダー5の登場を気長に待ってます。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する