Entries

JAM(国際鉄道模型コンベンション)に行ってきた

 今日は東京ビックサイトで開催されている「JAM(国際鉄道模型コンベンション)」に行ってきました。 例年、猛暑のなかを国際展示場駅からビックサイトに歩くのが常ですが、今日は幾分日差しも柔らかく、気温も低めで、歩きやすかったです。 「数々の迷列車を生み出した「東海道」がテーマ」とのこと。。。  会場に入ると「宮下洋一さんの地鉄電車」が展示されていました。 しかしこのモジュールも、電車も、とてもよく...

鉄道模型コンテストとTNOSとクモハ12

 今日は東京ビックサイトで開催の「鉄道模型コンテスト」に、DCC電子工作連合の仲間と行ってきました。ですが。。。写真がありません。すみません。 なかでも印象的だったのは「アルプスの氷河特急」の「ループ橋」をモチーフにしたレイアウトでした。 他には、KATOのブースでBluetoothを用いたワイヤレスパワーパックの試作品があったので、開発者の方に色々と伺ってみました。展示ではサウンドBOXとの連携が必要そうな感じ...

伊豆急100系を作る(その4)

ここのところ体調不良と激務が重なり、ちょっとしんどいデス。。。さて週末はひさびさに伊豆急のキット製作を進めました。。動力車はメーカー指定のNSドライブではなく、エンドウのMPギアとしています。ボルスター幅の問題から動力車のみ日光の台車を履かせました。トレーラーは素組みで台車枠もキットのものです。車輪はエンドウの10.5mmのプレーン軸を使っています。車両の高さの違いも出ずひと安心です。まだ走行試験をしていな...

KATO 3灯式自動信号機S の分解

 今回は、KATO製 3灯式自動信号機S を取り上げます。  この信号機はアナログ、DCC両対応しており、スイッチで切り替えができます。 ただ、両対応というのは、あくまで通過検知のタイマー式としての切り替えで、DCC設定時は線路電圧を無視した点灯条件になるようになっています。(逆方向時に赤にならない) フルDCC制御のため、この信号機の制御基板ごとフレンドリーなアクセサリデコーダができないかの検討のため、...

伊豆急100系を作る(その3)

 Zug製 伊豆急100系のDセット(グリーン車)が年末に届いたので、組み立ててみました。 2両セットなのですが、1両しか使用予定がないので、1両のみの組み立てです。 なんだかフォルムが、153系や165系のサロのようです。同じような時期に登場したグリーン車なので、まぁ、そんなもんでしょうかね? 塗装すれば、湘南色とハワイアンブルーでは雰囲気はずいぶんと違うようになるかと。。。。  6両編成を計画...