Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

arduino で 液晶表示

自分への備忘録も兼ねて。。その4です。


aruduinoで液晶表示するためのシールドを自作しました。


今までPICマイコン使用時は、もっぱら4ビット送信(制御線7本)で使っていましたが、今回はI2Cで制御線2本です。


20170909_065927342_iOS.jpg  


<材料>

Arduino用ユニバーサル基板 ガラスコンポジット 1枚

I2C接続キャラクタLCDモジュール 16x2行 白色バックライト付 1個

あとは、ピンヘッダ類各種、10Kオーム半固定抵抗 1個 です。


こんな感じでarduinoと合体させて、サンプルスケッチ書き込んで、表示を確認します。


20170909_070218824_iOS.jpg


<スケッチ>


#include <Wire.h>
#include <ACM1602.h>

#define ACM1602_ADDR 0x50
#define ACM1602_BL_SOCKET 7

ACM1602 lcd(ACM1602_ADDR, ACM1602_BL_SOCKET);
boolean runflag = 0;
int count = 0;

void setup()
{
    Wire.begin();
    lcd.begin();
    lcd.set_cursol(0);
    lcd.backlight(HIGH);
}

void loop()
{
    char count_str[8];
    if ( runflag == 0 ){
        runflag = 1;
        lcd.charwrite("Arduino");
        lcd.move(0x00,0x01);
        lcd.charwrite("Count:");        
    }
    count++;
    sprintf(count_str,"%d",count);
    lcd.move(0x06,0x01);
    lcd.charwrite( count_str );
    delay(1000);
}


<実行結果>

1行目にarduinoも文字と、2行目にカウントアップする数値が表示されます。(上の写真)


arduino で RS232C

自分への備忘録も兼ねて。。その3です。


aruduinoでRS232Cをつなぐためのシールドを自作しました。


20170905_123448066_iOS.jpg


<材料>

RS232CインターフェースIC ADM3202AN 1個

Arduino用ユニバーサル基板 ガラスコンポジット 1枚

超小型スライドスイッチ 2回路2接点 1個

DSUBコネクタDIP化キット(メス) 1個

・あとは、ピンヘッダ類各種、2SA1015 2個、3mmの赤LED 2個、1Kオーム抵抗 4個、0.1uF積層セラコン 5個、10uF電解コン 1個 等々です。


回路は、Seeedstudio製RS232シールド回路図と、ここの情報を参考にして制作しました。

スケッチ書き込み時のエラーを回避するために、書き込み時は本シールドの回路を切り離すことができるようにスイッチを設けています。


こんな感じでarduinoと合体させて、USBシリアル変換でPCとつないで、TeraTermで確認します。


20170905_123421968_iOS.jpg



<スケッチ>


void setup() {
    Serial.begin(9600);
}

uint8_t incomingByte;

void loop()
{
    if (Serial.available() > 0) {     // 受信したデータが存在する
        incomingByte = Serial.read(); // 受信データを読み込む
        Serial.write(incomingByte);   // データを出力する
    }
}


<実行結果>

arduino(キー入力のEchoが返ってきます。)


送受信のLEDランプをつけたので、目でも確認できます。




arduino で SDカード

自分への備忘録も兼ねて。。その2です。


日曜日、秋葉原のaitendoで購入した「マイクロSDソケットモジュール [MCSD125A]」を試します。

295円也。


その前に、arduino UNO互換機である「びんぼうでいいの」も買いましたので紹介します。

このネーミング面白いのですが、どこか寂しげに聞こえるのは私だけでしょうか?(^_^;)

ピンソケットとDCジャックは別売りです。DCジャックは買い忘れたので手持ちを小加工して取り付けました。


20170903_113509319_iOS.jpg


さて、SDカードに戻ります。

micro SDカード用のモジュールである「マイクロSDソケットモジュール [MCSD125A]」です。


20170903_113430600_iOS.jpg


これは、マイクロSDソケットが実装された完成品でSPIインターフェースです。5Vと3.3Vのレベル変換にはSN74LV125Aが搭載されています。あとは3.3V電源レギュレータのAMS1117-3.3Vです。

回路図はこんな感じです。


ということで先ほどの「びんぼうでいいの」に6本の電線でつないでみます。


20170905_075549337_iOS.jpg


今はすっかり出番の少なくなった2GBのカードで実験開始しましたが、どうもうまくカード情報が読みだせない。どうやらフォーマット形式が原因だったようです。ということで、FAT32でフォーマットしなおしたところ、うまく動作しました。32GBのSDHCの読み込みもできました。


スケッチは標準の「スケッチの例」からcardinfo.inoです。


<スケッチ>


/*
  SD card test

 This example shows how use the utility libraries on which the'
 SD library is based in order to get info about your SD card.
 Very useful for testing a card when you're not sure whether its working or not.

 The circuit:
  * SD card attached to SPI bus as follows:
 ** MOSI - pin 11 on Arduino Uno/Duemilanove/Diecimila
 ** MISO - pin 12 on Arduino Uno/Duemilanove/Diecimila
 ** CLK - pin 13 on Arduino Uno/Duemilanove/Diecimila
 ** CS - depends on your SD card shield or module.
         Pin 4 used here for consistency with other Arduino examples


 created  28 Mar 2011
 by Limor Fried
 modified 9 Apr 2012
 by Tom Igoe
 */
// include the SD library:
#include <SPI.h>
#include <SD.h>

// set up variables using the SD utility library functions:
Sd2Card card;
SdVolume volume;
SdFile root;

// change this to match your SD shield or module;
// Arduino Ethernet shield: pin 4
// Adafruit SD shields and modules: pin 10
// Sparkfun SD shield: pin 8
// MKRZero SD: SDCARD_SS_PIN
const int chipSelect = 4;

void setup() {
  // Open serial communications and wait for port to open:
  Serial.begin(9600);
  while (!Serial) {
    ; // wait for serial port to connect. Needed for native USB port only
  }


  Serial.print("\nInitializing SD card...");

  // we'll use the initialization code from the utility libraries
  // since we're just testing if the card is working!
  if (!card.init(SPI_HALF_SPEED, chipSelect)) {
    Serial.println("initialization failed. Things to check:");
    Serial.println("* is a card inserted?");
    Serial.println("* is your wiring correct?");
    Serial.println("* did you change the chipSelect pin to match your shield or module?");
    return;
  } else {
    Serial.println("Wiring is correct and a card is present.");
  }

  // print the type of card
  Serial.print("\nCard type: ");
  switch (card.type()) {
    case SD_CARD_TYPE_SD1:
      Serial.println("SD1");
      break;
    case SD_CARD_TYPE_SD2:
      Serial.println("SD2");
      break;
    case SD_CARD_TYPE_SDHC:
      Serial.println("SDHC");
      break;
    default:
      Serial.println("Unknown");
  }

  // Now we will try to open the 'volume'/'partition' - it should be FAT16 or FAT32
  if (!volume.init(card)) {
    Serial.println("Could not find FAT16/FAT32 partition.\nMake sure you've formatted the card");
    return;
  }


  // print the type and size of the first FAT-type volume
  uint32_t volumesize;
  Serial.print("\nVolume type is FAT");
  Serial.println(volume.fatType(), DEC);
  Serial.println();

  volumesize = volume.blocksPerCluster();    // clusters are collections of blocks
  volumesize *= volume.clusterCount();       // we'll have a lot of clusters
  volumesize *= 512;                            // SD card blocks are always 512 bytes
  Serial.print("Volume size (bytes): ");
  Serial.println(volumesize);
  Serial.print("Volume size (Kbytes): ");
  volumesize /= 1024;
  Serial.println(volumesize);
  Serial.print("Volume size (Mbytes): ");
  volumesize /= 1024;
  Serial.println(volumesize);


  Serial.println("\nFiles found on the card (name, date and size in bytes): ");
  root.openRoot(volume);

  // list all files in the card with date and size
  root.ls(LS_R | LS_DATE | LS_SIZE);
}


void loop(void) {

}

<実行結果>

Initializing SD card...Wiring is correct and a card is present.

Card type: SD2

Volume type is FAT32

Volume size (bytes): 2036207616
Volume size (Kbytes): 1988484
Volume size (Mbytes): 1941

Files found on the card (name, date and size in bytes):
SYSTEM~1/     2017-09-03 18:17:26
  INDEXE~1      2017-09-03 18:17:26 76
ARDUINO.TXT   2000-01-01 01:00:00 9


カードの情報や容量、ファイルなどが表示されます。



もうひとつ、SeeedStudio の SDカードシールドも購入しました。

秋月で品切れでしたが、千石のほうが安かったで問題なしです。microSDアダプタ付き。


20170903_113523879_iOS.jpg  


こちらも同じスケッチで動作するのですが、純正arduinoUNO以外でうまく動かない。。。

「びんぼうでいいの」ではダメな理由を掘り下げる必要がありそうです。。。。。



arduino で RTC


自分への備忘録も兼ねて。。


日曜日、aitendoで購入したRTCモジュールarduinoで試しました。

購入したのは「RTCモジュール(I2C) [M1307-12P]」です。395円也。


20170903_113406039_iOS.jpg


充電用の回路があるようですが、添付されていた電池は普通のCR2032でした。


20170905_080125448_iOS.jpg


今までPICはアセンブラでの開発が中心だったので、I2Cを使うのも一苦労でしたが、arduinoのC言語はライブラリも充実して簡単にソフトが組めます。ここのWebを参考にしました。


接続はこんな感じ。。。 電線4本だけ。。。


20170905_080321556_iOS.jpg


<スケッチ>


#include <Wire.h>
#include "RTClib.h"
RTC_DS1307 RTC;

void setup () {
    Serial.begin(9600);
    Wire.begin();
    RTC.begin();
  if (! RTC.isrunning()) {
    Serial.println("RTC is NOT running!");
    // following line sets the RTC to the date & time this sketch was compiled
    RTC.adjust(DateTime(__DATE__, __TIME__));  
    }

}
void loop () {
    DateTime now = RTC.now(); 
    Serial.print(now.year(), DEC);
    Serial.print('/');
    Serial.print(now.month(), DEC);
    Serial.print('/');
    Serial.print(now.day(), DEC);
    Serial.print(' ');
    Serial.print(now.hour(), DEC);
    Serial.print(':');
    Serial.print(now.minute(), DEC);
    Serial.print(':');
    Serial.print(now.second(), DEC);
    Serial.println(); 
    delay(1000);
}

<動作結果>

2017/9/5 16:4:51
2017/9/5 16:4:52
2017/9/5 16:4:53
2017/9/5 16:4:54
2017/9/5 16:4:55
2017/9/5 16:4:56
2017/9/5 16:4:57
2017/9/5 16:4:58
2017/9/5 16:4:59
2017/9/5 16:5:0
2017/9/5 16:5:1
2017/9/5 16:5:2
2017/9/5 16:5:3
2017/9/5 16:5:4




iPhoneを自分で修理

2年半強使ってきたiPhone6が悲しいことに。。

純正の修理に出しても良いのだが、後継機への更新も視野に入ってきている状況で一万数千円の出費は痛い。。そこでアマゾンでポチッとしました。

液晶とデジタイザと工具一式です。

開封の儀式。。

コネクタを外して本体と画面を分離しました。

ホームボタンと。。

スピーカーとカメラを外して。。

新しい画面に移植します。カメラとスピーカーのプラスチックハウジングの移植も忘れずに。。

細かいネジ類を元に戻して。。コネクタを順番に注意しつつ戻して。。

無事修理完了(^^)

純正品より若干青みがかった液晶ですが、コスパを考えれば納得です(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。