FC2ブログ

Latest Entries

MPLAB SNAPが届いた

秋月に注文していた「MPLAB SNAP」が届きました。

https://www.microchip.com/developmenttools/ProductDetails/PartNO/PG164100

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-13854/


立派な段ボールに入っています。

20190321_072420094_iOS.jpg


静電防止袋に入った基板と繭5個。。。マニュアル類ナシの超簡易包装です。

20190321_072445393_iOS.jpg


基板の長辺50mm+8ピンコネクタ分が出っ張ります。

20190321_072541620_iOS.jpg


短辺は35mmとなかなか小さなサイズです。

20190321_072625636_iOS.jpg


公式Webからドキュメントをダウンロードしてみました。


最新版のPITkit4との比較表を見るとSNAPは、「高電圧(12V)を用いたプログラミング」と「書き込み基板への5V系電源供給」ができない仕様のようです。


2019-03-21.png


ワンコインで使っているPIC12F1822はLVP(5V)プログラムが可能なので、使えないか考えてみました。


基板を見ると、5V0、3v3、GNDのスルーホールがあります。

2019-03-21-3.png


テスターで測るとUSBの5Vと思われる電圧が出ていますので、これを無理やり使ってみることにします。


SNAPの5V0の端子と、14ピン用PICの1番ピン(5V)を「スルーホール用テストワイヤ」で繋いで電源を供給してみるとうまく動きました。動作も問題なく、しかも軽快。純正品ならではの安定感です。


<<注意>>ピンが外れたり、基板裏に金属が触れたりして、ショートさせると最悪、PCやUSBポートが壊れますので、十分注意してください。

20190321_073742130_iOS.jpg


純正品プログラマにこだわる方は、SNAPを使ってみてもいいかもしれませんね。


ちなみに古いデバイスには対応していないので、注意が必要です。

今回はワンコインデコーダ4.2のPIC12F1822で試しましたが、信号機デコーダのPIC16F1827も大丈夫だと思います。ポイントデコーダやFLデコーダで使っている古いデバイスはLVPに対応していないので書き込めないと思います。


対応デバイスでも、ConfigビットのLVP(低電圧書き込み)をONにしないでビルドすると、

Programming did not complete.
The low voltage programming feature requires the LVP configuration bit to be enabled on the target device. Please enable this configuration bit and try the operation again.

というエラーになるので、その時はソースの冒頭で、LVPをONに変更してもう一度ビルドを行い書き込めばOKだ。



ジェネリック PICKit3 を中国から買ってみた


 ワンコインデコーダの製作にはPICプログラマが必須なのですが、純正のPICKit3や4は5000円以上とそこそこの価格がするので、中国から「ジェネリックPICKit2」を輸入して頒布を行ってきました。


 PICKit3は書き込みするターゲットに電源供給するための書き込みソフトの設定が複雑だったり、書き込みの都度、書き込みするPICの種類に応じてPCから都度自身のファームをダウンロードしているので動作に時間がかかったりする欠点があるので、初心者にはPICKit2のほうが良いだろうという判断もあったからです。


 でも、PICKit4が登場した今、PICKit2は2世代まえの設計であり、ジェネリック品も品薄になって入手が難しくなってきました。


 そこで、今後の書き込み機供給の研究のため、ジェネリックPICKit3がどれくらいの実力なのか、購入してみました。


 以下の写真が「ジェネリックPICKit3」です。USBケーブルとICSP用のケーブルが付いてきます。

20190317_023027686_iOS.jpg


純正品(奥側)と比較してみます。MICROCHIPのロゴがないのがジェネリック品(手前)です。

20190317_035730793_iOS.jpg


裏面の様子です。純正品にはシリアルナンバーの貼り付けがありますが、ジェネリック品にはありません。

20190317_035758466_iOS.jpg


スマイルコネクタアダプタを繋いで書き込んでみます。

20190317_023503830_iOS.jpg


。。。。うまく書き込めません。。。。


というか、ワンコインデコーダとの相性以前の問題です。

PICKit3は書き込むPICの種類に応じてPCから都度自身のファームをダウンロードしているのですが、途中で止まってしまいます。


ということで、早速、三枚に下ろし、ハラワタを見てみます。

20190317_034509740_iOS.jpg


主要な部品は同じ感じでしょうか。


ブートローダがおかしそうなので、メーカーサイトWebにある純正ファームを強制的に書き込むことにしました。

実は、2個のジェネリックPICKit3を購入したので、調子が良いほうのジェネリックPICKit3で書き込んでみます。

20190317_034311381_iOS.jpg


基板の上下からスルーホール用ワイヤーを挿入しているのはショートを防ぐためです。


Pickit3はターゲットに電源供給するのが苦手なので、USBから5Vをターゲット基板に供給した状態で書き込んでみます。


無事書き込みが終わり、PCにUSB接続します。ブートローダも正常に動作しました。


。。。。今度は書き込み時にターゲット基板のVDD電圧が取得できないとのエラー表示が。。。


ジェネリックPICKit2のときは経験したことのない不具合(不良)です。


すっかり、ジェネリックPICKit3は期待できないなぁと思った次第ですが、秋月のWebサイトで気になるものを見つけました。PICKit4と同じCPUを搭載した廉価版の純正プログラマ「MPLAB snap」です。

既にポチったので、着荷次第レビューしたいと思います。





DCC同人誌 部品頒布サイトで配布開始

「DCC電子工作連合 DCC同人誌 2019Spring号」を「Web Nucky部品頒布」のお申込みをされた方に無料でお分け致しています。


 頒布趣旨のご説明ページ http://web.nucky.jp/distribution/distribution.html

 (頒布サイトへは上記からリンクで飛べます。)


 在庫限りですので、部品頒布やDCC同人誌にご興味をお持ちの方はこの機会にぜひお申込みください。


<ご注意>

(1)部品頒布のお申込みされた方が対象です。おひとり様1部限りです。
     (※経費の都合上、なるべく1000円以上程度のお申込みがありがたいです。ご協力ください。)

(2)部品頒布のお申込みなく同人誌のみの頒布申込みはご遠慮いただいております

(3)幅広く多くの方にお読みいただきたいので、に他のルートで入手された方のお申込みもご遠慮いただいております
     (趣旨(DCC普及に自らご協力いただける方にお配りしたい)をご理解いただき、転売等は禁止します。)

(4)部品頒布申込=同人誌発送とはなりません。在庫部数管理の関係から、ご希望の方は必ずカートに入れたうえで頒布の申込みをするようにしてください。後からご連絡を頂いても在庫切れ等ご希望に添えないことがあります。


Dcc2019Spring.jpg



お伊勢参り

今年はまだ初詣に行っておりませんでした。


ということで、一生に一度は「お伊勢参り」をしてみようと思い、名古屋で近鉄特急に乗り換えて、初めて伊勢神宮に行ってきました。


近鉄特急といえば、この色ですよね~

20190119_013142719_iOS.jpg


後部は新しい塗装でした。

20190119_013208465_iOS.jpg


まずは「伊勢市駅」で降ります。近鉄とJRの駅はつながっており、外宮にはJR側が近いです。

20190119_013725051_iOS.jpg


外宮入口までは徒歩10分程度で到着です。

20190119_014700068_iOS.jpg


外宮につきました。これからは先は撮影禁止です。

20190119_015159630_iOS.jpg


外宮でのお参りの後は、バスに乗って内宮にやって来ました。テレビなどでおなじみの場所ですね。

内宮まで10分程度ですが430円というなかなかの運賃でした。

通常の路線バスでは輸送力が足りないため、観光バスを寄せ集めて対応していました。

20190119_021759892_iOS.jpg


昔の人も同じ風景を見てお参りしていたと思うと不思議な気持ちになります。

20190119_025551877_iOS.jpg


多くの人が訪れています。

20190119_022046686_iOS.jpg


途中、五十鈴川に降りられるようになっていて、

20190119_022511168_iOS.jpg


手を清められるようになっています。水が澄んでとても綺麗です。

20190119_022546328_iOS.jpg


木々の間を進みます。

20190119_023001155_iOS.jpg


内宮につきました。ここから先は撮影禁止です。

20190119_023121566_iOS.jpg



お参りを済ませて内宮からバスで「五十鈴川駅」に向かいました。

「伊勢市」や「宇治山田」と違い、駅も駅前も閑散としている印象です。

20190119_031858923_iOS.jpg


ホームで電車を待っていると近鉄自慢の「しまかぜ」が通過していきました。

20190119_032342992_iOS.jpg


名古屋までの直通急行もこの駅が始発の模様です。大阪上本町行きもあるみたいです。

ロングシートではちょっと辛そうだなぁと思いました。

20190119_033657681_iOS.jpg


近鉄志摩線は未乗なので、終点の「賢島」まで行ってみることにします。

「賢島行きの特急」がやってきたのでこれに乗ります。

20190119_033856170_iOS.jpg


列車は終点「賢島駅」に到着しました。「しまかぜ」が2編成も並んでいます。

20190119_042232520_iOS.jpg


駅からほど近いところにフェリー乗り場があります。

20190119_043621161_iOS.jpg


20190119_043625463_iOS.jpg


遅いお昼を食べられるところを探します。数件回って決めたのは「海幸」というお店です。

20190119_051136827_iOS.jpg


14時過ぎで限定の昼の定食は売り切れだったのですが、1食ならと作っていただけました。

1800円でこの内容です。写真にはありませんが赤だしが付きます。

大変満足な昼食となりました。

20190119_045207000_iOS.jpg


店の前は英虞湾が広がります。

20190119_050917821_iOS.jpg


帰りは「伊勢志摩ライナー]に乗って帰路につきました。

20190119_053135358_iOS.jpg



改版した「ワンコインデコーダ for KATO Loco」が届きました(頒布再開)


 中国のPCBCARTに注文していました、改版を行った「ワンコインデコーダ for KATO Loco 基板」が届きました。流石のFedexでアッという間の速さで日本に届き、不在による営業所へ出向く時間のほうが長いくらいでした。

 検品が終了したので、頒布サイトで頒布を再開しました。


 再入荷お知らせ希望の方が相当数おられますので、ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。

 なお、年末年始の頒布の発送については、頒布サイトのお知らせ欄を参照ください。


先日のブログ掲載のとおり、基板RevはRev.Cで以下の改良を行っております。

 ・赤色部分の基板長さ延長を行いダイキャストへの食い込み性の改善

 ・黄色部分の基板長さ短縮を行いダイキャストリブとの干渉距離を改善

 ・PICマイコン、ドライバIC部分の基板幅を縮小し機関車への搭載時の基板削り両を削減


 なお、部品配置は変更を行っておりません。


<ガーバービューアでの表示>

2018-12-13.png


<実際の基板画像 Rev.BとCの比較>

 ※上がRev.B、下がRev.Cです。

20181226_111003554_iOS.jpg


<Rev.C基板でのダイキャストへの搭載状況の例(EF65 1000後期)>

 右側の電極が奥まで確実に挿入され、ダイキャストリブとの離隔も十分です。

20181226_112949784_iOS.jpg


<基板サイズ変更による注意点>

 ※ダイキャストに挿入する際にナナメにして装着します。

 (問題ない程度で装着時のみ若干干渉しています)

20181226_113042270_iOS.jpg



Appendix

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

nucky

Author:nucky
Web Nucky Blogへようこそ!

検索フォーム